美顔器として使える機種もあるコスパに優れる脱毛器

subpage01

気軽に脱毛する方が増えサロンを利用する方も多いですが、コストの面でお得な家庭用の脱毛器を利用する方が増えています。時間を作って脱毛サロンに通う必要もなく、自分のペースで脱毛できるのが人気の理由。


業務用の機器より照射範囲が狭く、パワーが抑えられているため時間はかかってしまいますが、ツルツルに脱毛することができるのです。
家庭用脱毛器にはレーザー方式とフラッシュ(IPL)方式のタイプがあり、どちらもムダ毛の毛根に強い光を照射することでダメージを与えて根元から処理するのです。

レーザー方式はパワーが強く、痛みを感じますが早めに効果があらわれ、効果も持続することが特徴です。


フラッシュ方式は痛みがほとんど無く、照射範囲が広いことが特徴です。

高い効果を期待するならレーザー方式、やさしく脱毛したい場合にはフラッシュ方式が良いでしょう。いつでも気軽に脱毛できる家庭用脱毛器は、ほぼ全身の部位を脱毛することができます。
サロンでの脱毛に抵抗がある、ちょっと恥ずかしいVIOラインも自分でケアできるのが大きな魅力、しかし機種によっては顔とVIOラインを脱毛できないタイプもあるのです。


脱毛器を選ぶときには、全身脱毛できる機種や脱毛可能な部位が多いタイプが良いでしょう。
脱毛器にはカートリッジを取り換えれば、美顔器として使える機種もあるのです。シミやシワ、くすみのケアも自宅で手軽にケアできる、高いコストパフォーマンスをもつのです。